TOPページ鉋台の包み >包み際の前処理

包み際の前処理

ヒビが入りにくくするには、表馴染みを付ける前に、表馴染み先端の際を三角に多めに鑿で突いておくとその部分に圧力がかからず、包みの際にヒビが入りにくくなります。

それと表馴染みと包みの付け根は鑿ですっきり取り残しがないように仕上げます。

表馴染み先端の真ん中付近も鑿で取ってしまうと削った時のびりつきの原因になります、鉋刃は表馴染み先端部分でもしっかり付けておかないといけないのです、そのため際だけ鑿で差します。

表馴染みを付けた後に差すと、緩くなったり片出の原因になります

鉋台の表馴染み際をノミで突きます

大工道具の曼陀羅屋について

大工道具、ご購入案内
↑ 開きます ↑