TOPページ鉋台の包み>鉋台の包みが悪い例

鉋台の包みが悪い例

鉋台下端を鉋台尻側から覗くと包みの部分が下の画像のように、包みの際から急に膨らむ場合そのまま刃を出すと包みの際にヒビが入りますので圧力を上手く調整します。

この際の部分が膨らむと、包みの際が割れる危険信号なのです、ただし、このふくらみがどのくらいかを正確に把握するには包みの手前、刃口のラインに、反りが無いか、下端定規で確認し、反りがあり直腺になっていなければ立ち鉋で、だいたい真っ直ぐにしておかなければならない。

人の目は錯覚を起こすからです

鉋台の包みが悪い例

大工道具の曼陀羅屋について

大工道具、ご購入案内
↑ 開きます ↑