TOPページ鉋台の包み >普通口と、包み口

普通口と、包み口

鉋台の刃口の作りには普通口と呼ばれる一般的な刃口と包み口と言う刃口の作りがあります。鉋台の包み口は刃がほとんど見えず鉋刃を包んでいる事からそう呼ばれています。

包みが付いた鉋台は仕込みに手間がかかり、初心者にはこの部分の仕上げは難しいですので、細めの鑿で少しづつ突いて削りとってしまってもかまいません。また、不要な方も、仕込みを行う前に鑿で取って普通口に作り直しても、削りに支障はほとんどありません。

鉋台の仕込みが硬い場合や、新品で刃を出しすぎると、包みが突っ張り、下記画像の包みの際にヒビが入ります、ただ、ヒビが入っても、削りに支障はありません。

鉋台の普通口と、包み口

大工道具の曼陀羅屋について

大工道具、ご購入案内
↑ 開きます ↑