TOPページ作里鉋、(底取、脇取>隅突底取鉋

隅突底取鉋

(すみつきそことりがんな)敷居の隅まで削るための鉋が、隅突底取鉋です、突くと言う文字が入るように、引いて削らずに押して削ります。

擦れた敷居の隅の削り、敷居の中間が下がって両端を削らなければならない時などに重宝する鉋です。

リフォーム工事など、敷居を削る場合に、一般的な底取鉋では削れない溝の際まで削る事ができます。裏金もはいりますので、逆目は止めやすいと思います。

また、際鉋のように凹んだ横の隅も削れなうので、角の奥まで際鉋のようにも使えます。

隅突底取鉋の販売価格

台は刃口の部分を残しています。残しておくと刃の出具合が分かりますし、刃が敷居に食い込んだ時に前に突っ張りません、その分は隅の部分が削れずに残って行きますので、隅まで残さずに削りたい場合はスライド丸鋸などで赤い点線の部分を切り落としてください。

刃巾は7分溝用で標準的な溝巾にしてあります、隅突底取鉋は普通の底取りと共通の刃です。裏はダレないすっきりした平面に裏押ししてあります。

関連商品

使用の時合わせてお使い下さい

金床 鉋刃の叩き出し用

金床

鉋刃の裏の叩き出しに使用 や、裏金の耳の曲げ、大工道具全体の調整に使用。安価ですので早めに備えましょう。
鉋ウラ研器

ウラ研器

金盤での裏押しの時刃を固定す。木の棒よりも安定して固定しますので、裏押しに集中できます。
ヒッター 鉋刃の叩きだし機

ヒッター

鉋裏切れ時の叩き出し専用の工具、乱れやすい玄翁での叩きだしを直線的にサポート、刃を割り難くなります。
  

大工道具の曼陀羅屋について

大工道具、ご購入案内
↑ 開きます ↑